ハッシュタグ「 #トップリーグ2021 」始動!国内ラグビーが2021.1.16開幕決定!

9/26に予告ツイートがあったのですが、本日、トップリーグ公式サイトにて大会概要が発表されました。

2020年シーズンは途中で開催中止となってしまいました。順位が確定していないことを考慮したのかなと思いますが、まずは2018-2019シーズンの最終順位を元に2つにチームを分けてファーストステージ、その後に下部リーグのトップチャレンジリーグの上位チームを加えてセカンドステージという形で進行します。

2021年1月16日(土)開幕の「ジャパンラグビー トップリーグ2021」の大会概要および日程が決定しましたので、お知らせいたします。 「ジャパンラグビー トップリーグ2021」は、ファーストステージで16チームを2カンファレンスに分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行います。セカンドステージは、「ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ2021」の上位4チームも加わり、計20チームを4プールに分け、1回戦総当たりのプール戦を行います。その後、各プールの上位チームによるトーナメント形式のプレーオフを行い、年間の優勝チームを決定する大会方式となります。本大会は、2020年2月23日(日)以降中止となった「ジャパンラグビー トップリーグ2020 第6節」以来、約11カ月ぶりの公式戦となります。ファーストステージでは、初開催となる中台運動公園陸上競技場(千葉県)を含む15都府県27会場にて開催し、全国のラグビーファンに熱い戦いを届けてまいります。セカンドステージおよびプレーオフの詳細につきましては、決定次第お知らせいたします。新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた、順位決定方法およびチケット販売の詳細については、11月上旬に発表予定です。

「ジャパンラグビー トップリーグ 2021」大会概要およびファーストステージ日程決定のお知らせ

https://www.top-league.jp/2020/09/28/tl2022-schedule-venue/

両カンファレンスの公式ビジュアルもかっこいいですね。(画像は @JRTopLeague より)

スケジュールを見て気づいたのは、同日同会場で2試合開催がないことです。今シーズン何試合か観戦に行きましたが、お目当てが2試合目のチームであってもほとんど自由席のため、開場前から並ばないと席が確保できませんでした。2試合目の応援団が先に席を確保してしまうと、1試合目の応援団は場所がないという・・・。これはトップリーグの盛り上がりの陰であまり重要視されなかったですが、結構な問題でしたね。開場前の行きすぎた場所取り問題もありました。

それを思うと、チケット1枚で2試合見られてお得だったのは良い思い出として、あまり席確保が過熱しない方向になって良かったと思います。

それと釜石開催が1試合組み込まれているのもうれしい。

チケット発売、そして開幕が本当に楽しみです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする