座間ひまわりまつり、良い天気でした。

昨年、初めて行ってみて夏らしい被写体で撮影が楽しかったので、今年も。ちょっと風が強くて被写体ブレが多かったですね。台風で倒れてしまったところもあり、あたり一面がひまわりという構図での撮影は難しかったです。その代わり、青空と一緒に撮れたのは良かった。

f:id:tetsuya0723:20180814133543j:plain

f:id:tetsuya0723:20180814131312j:plain
f:id:tetsuya0723:20180814131511j:plain
f:id:tetsuya0723:20180814133144j:plain

f:id:tetsuya0723:20180814135725j:plain

f:id:tetsuya0723:20180814141936j:plain

市の花「ヒマワリ」の栽培は、平成6年から遊休農地の荒廃対策として始められました。現在では、開花時期を長く楽しめるように、2会場で時期をずらして栽培しており、7月には栗原会場で10万本、8月には座間会場で45万本のヒマワリが開花します。

ひまわりまつり~55万本が咲き誇る座間市のひまわり畑 | 座間市ホームページ

 

 

会場へは相武台前駅から20分おきくらいにシャトルバスが出ていますが、週末でしたので一番遠くのバス停から行列が駅の階段の途中くらいまで伸びてました。早めに出発するのが安心です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする