初めてのオペラ鑑賞!新国立劇場オペラ研修所終了公演「ドン・ジョヴァンニ」 #新国立劇場 #オペラ

オペラはチケットが高いのもあるんですが、そもそも自分が楽しめるのかどうかが心配でした。クラシック音楽には実際には様々なジャンルがありますし、結構好みのものを繰り返し聴くという楽しみ方をします。僕はオペラを1曲も書いていないブラームスが一番好きな作曲家なんです。でも第九の独唱も合唱も大好き。最近はハイドンのオラトリオにも感動しました。なので、そろそろオペラの世界に飛び込んでみようかなと思い始めていたところでした。

さあ、どの公演に行こうか。どうしてもこだわりたかったのは会場が新国立劇場であること。東京文化会館や渋谷のオーチャードホールなども有名なオペラ劇場ですが、日本の国立オペラ座は初台オペラシティなので、初めてのオペラはここで見たかったのです。

www.nntt.jac.go.jp

ここには小劇場、中劇場、オペラ劇場の3つの劇場があります。ちょうどここのオペラ研修所が中劇場で行う公演がありました。モーツァルトのドン・ジョヴァンニなら序曲は何度も聴いているので馴染みもあるし、ワーグナーみたいな難解なストーリーということもなさそうだしということで決めました。

f:id:tetsuya0723:20190309223223j:image

オペラ研修所修了公演「ドン・ジョヴァンニ」 | 新国立劇場 オペラ

 

初台駅直結通路から新国立劇場へ向かうときは本当にうれしくてワクワクしてました。

f:id:tetsuya0723:20190309223249j:plain
f:id:tetsuya0723:20190309223306j:plain
f:id:tetsuya0723:20190309223353j:plain
f:id:tetsuya0723:20190309223412j:plain

キャストのひとり、井口さんのツイート。

 

中劇場と言っても、オーケストラピットがあって、舞台は場面に合わせて回転したり奥へ引っ込んだりします。照明がすごくかっこいい。出演者の歌声は感情をのせて響いてくるし、モーツァルトだなあという音楽が3時間分聴ける。指揮はチェンバロの弾き振りでした。本当に楽しいし、照明に浮かび上がる出演者の皆さんがかっこいい。そこで迫力の歌声だから説得力がすごい。

節目で独唱の聞かせどころがあって、おわると客席から拍手とブラボー。もうね、聞いてる途中から拍手したくなるほどみなさん素晴らしい歌声でした。

フィナーレでも大喝采、カーテンコールでのみなさんの所作にも感激しました。オペラすごい楽しいじゃん!高い公演にはなかなか行けないと思いますが、オペラ好きになりました。最初に見たこのオペラのおかげですね。一生忘れないでしょう。

おそらくこの研修所は国内トップクラスの注目の若手が集まってると思うので、今後の活躍にも注目したいです。

 

↓劇場から出るときの様子ですが、みんな笑顔でしたね。 

f:id:tetsuya0723:20190309223447j:image

 

「ドン・ジョヴァンニ」はウィーン国立歌劇場が完成した時のこけら落とし公演としても上演されていたんですね。

1863年5月20日に着工、1865年に10月7日に外装が完成、公開され、1869年5月25日に完成した。総工費600万グルデン、客席数2324、面積8709平方メートルの大劇場である。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の上演でこけら落しを行った。

ウィーン国立歌劇場 – Wikipedia

 

モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 [DVD]

モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 [DVD]

  • アーティスト: ハンプソン(トーマス),ダルカンジェロ(イルデブランド),シェーファー(クリスティーネ),ディーナー(メラニー),バイラクダリオン(イザベル),ウィーン国立歌劇場合唱団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/01/31
  • メディア: DVD
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》全曲 [DVD]

モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》全曲 [DVD]

  • アーティスト: アルバレス(カルロス),ライター(アルフレート),バーヨ(マリア),ブロス(ホセ)
  • 出版社/メーカー: クリエイティヴ・コア
  • 発売日: 2008/07/23
  • メディア: DVD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする