新日本フィルが本拠地すみだトリフォニーホールで演奏再開した日。ブラームス交響曲第1番に涙が止まらなかった。 #新日本フィル #すみだトリフォニーホール #ブラームス

僕は指揮者を横から見られるバルコニー席を買い、当日を楽しみにしていました。弦楽器奏者は通常1つの譜面台をペアで共有しますが、席の間隔をあけるために一人1台の譜面台がおかれてましたね。指揮者とコンサートマスター、ソリストの握手などもなし。エア握手や肘同士をタッチするようなしぐさで代用。

オーケストラメンバーが入場してくる時は静かで、コンサートマスターの姿が見えたタイミングで拍手というのが普通ですが、今日は自然と客席から最初から拍手。オケの人たちも全員揃うまで立ったままで拍手に応えてくれました。本当にみんなこの日を待ってましたからね。司会者がいるわけでもないし場内アナウンスで指示されたわけでもないけど、こういうお客さんとオーケストラとの言葉がなくても心が通い合うところから少し涙が出ました。 

f:id:tetsuya0723:20200710184138j:plain

ebravo.jp

www.fnn.jp

特別な演奏会だから、みんな特別な演奏をしてくれたと思います。この日は定期演奏会なので1年以上前からブラームスの1番が予定されていたのですが、記念すべき日にふさわしかったですね。忘れられない演奏会になりました。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする