初めて、家でたこ焼きにチャレンジ。器具・材料を揃えるところから。(動画あり)

大阪の人は家でたこ焼きを焼いてパーティすると聞きますね。「タコパ」ですよね。

僕はたこ焼きが大好きですが、「銀だこ」は揚げ物だと思っているのでなかなか焼き立てのたこ焼きを食べることがありません。お弁当コーナーのを我慢して食べるか、冷凍を買ってきてレンジで温めるか。

いやいや、もう一つの道がありましたね。「自分で焼く」です。チャレンジしてみることにしました。

 家に器具も道具も何もありません。まずはたこ焼き器から。家庭用のたこ焼き器をいくつか比較しているサイトやYouTube動画を参考にしながらも、ガスコンロタイプは場所取るし、あまり高いものを買うほど使う頻度もないので、評価の高いニトリのものが良いかなと思っていたのですが、コロナウイルスの影響でニトリが入っているビルが臨時休業。似ているしこれも安いからとドン・キホーテで買ってきました。

レビューでポイントになっているのは穴の場所による焼きムラでしたが、この商品で焼きムラは感じませんでした。すぐ暖まるし、電源スイッチしかありませんが温度ヒューズ240度とありますので、焼いてる最中はおまかせで大丈夫。

f:id:tetsuya0723:20200404124625j:plain

たこ焼き粉は500gとかで売ってるのは使いきれないのですが、こういう天かすとのセットのものが少量で売っていたので助かりました。

f:id:tetsuya0723:20200404123838j:plain

ひっくり返すときの千枚通し、角穴に油を引くための油引きなども、たこ焼きの時くらいしか使いませんので買う必要があったのですが、これはダイソーで揃います。フッ素樹脂加工の鉄板にも安心な素材のものがいいです。動画の中で紹介しています。


たこ焼きチャレンジ

 

で、ちゃんと焼くことができました。たこ焼き粉のおかげで出汁の効いていて美味しいです。最初は天かすとタコぶつだけでしたが、2周目は紅生姜と青ネギを買いに行って追加しました。

たこ焼き、楽しいですね。

f:id:tetsuya0723:20200404163048j:plain

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする