国立新美術館「庵野秀明展」は圧倒的なボリューム

「庵野さん=エヴァを作った人」ということだけではもったいない。本気で日本のアニメ、特撮を愛していて、その感謝と恩返しが今後の作品作りに反映されていることが実感できるストーリーになっていました。チケットは日時指定されたものを購入するシステムなのでご注意を。

中高生時代に描いた油絵作品や実家に残されていた宝物の数々、その後学生時代に作成していた映像作品などから。当時のプロに認められるのも納得という感じ。

庵野さんが関わった作品の数々についての資料も充実しています。巨神兵シーンの絵コンテも。

もちろんエヴァンゲリオンに関する展示もすごいです。僕は過去の展示イベントには行ってますが、シン・エヴァンゲリオンに関するものを本格的に展示するのはこれが初めてですね。「プロフェッショナル」で密着されていたジオラマやアングル探し資料も。

そして、シン・ゴジラ、シン・ウルトラマン、シン・仮面ライダーへ。なぜシン・ウルトラマンにカラータイマーがないのかはきちんとした理由があります。

グッズも充実しています。僕は缶バッジが好きなので全種類買いました。「展覧会図録は発売時期未定のため、当面の間、予約販売。」とのことです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする