大人になって初めてのプラモデル「ブルーインパルス」(ただし無塗装)

オリンピック・パラリンピックの開幕でハートを掴まれたのがブルーインパルスでした。検索して調べてたらプラモデルも人気みたいで、ちょっと挑戦したくなっちゃったんですよね。

ただ、プラモデルはキットだけじゃなく工具や塗料も揃えないと。さらに細かいパーツを扱ったりや説明書を読んだりするのに老眼鏡も必要。

はい、揃えました。塗料以外は。

工具については初心者向けの動画がたくさんあって参考になりました。新しいことにチャレンジする時に初心者向け動画というのは本当にありがたいですね。ニッパー、ヤスリ、ピンセット、接着剤以外に、デザインナイフ、デカール(シール)の定着剤なども最初から揃えておくことができましたね。どれも数百円程度で助かります。

それと老眼鏡。近視でコンタクトレンズを使用しているので、外して裸眼でも作業に問題なさそうでしたが、持っていれば便利かなと。JINSにはリーディンググラスというラインナップもありますが、それ以外に店内の好きなフレームを選んでレンズ代無料で老眼鏡に出来るので、気に入ったフレームで作ることができました。

ただ、塗装はしないことにしました。お店で展示されてるのを見ると本当にすごいなぁと思いますが、塗料をたくさん揃えるのも大変だし、エアブラシを室内で吹くのも慎重に考えなきゃと。動画を見ているうちに安易に手は出せないなと思いました。組み立てとデカール貼りで楽しもうと。

無塗装で気楽に組み立ててを楽しみました。塗らないことの負担軽減はかなりありますね。今後、塗らない代わりに写真撮影とレタッチにこだわってみようかなと思っています。

望遠レンズを絞り込んで、白背景で撮ってみました。「模型写真」も頑張りたい。模型店、模型コーナーを見て回るのも楽しいです。

ハセガワ(Hasegawa) の ハセガワ 1/72 航空自衛隊 川崎 T-4 ブルーインパルス 2002 プラモデル D11 を Amazon でチェック!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする